月次アーカイブ: 9月 2017

私の場合は、粗大ごみは古い農機具や漁具が倉庫に使わず放置されていたのがあり、虫やほこりがすごかったです。壊れていても取ってあるので、どうしようか途方に暮れました。

もう一つは、故人の私物一式です。服や食器、書類などをすごい量をため込んでいて大変困りました。箪笥には和服がびっしり入ったまま放置状態でした。

困り果てて、遺品整理の業者や引っ越し業者、便利屋さんなどに連絡して現地見積もりを出してもらったりしましたが、結局地元の土木業者さんが片付け及び廃棄、更にリフォームも一手に引き受けてくれることになりました。

沢山ありましたが、おおよそ4日程度でごみは撤去していただけました。すごく迅速に対応して下さり、とても助かりました。おかげでその後の引っ越しの段取りもスムーズに進めることができました。その業者さんにはとても感謝しております。

遺品整理などの業者さんは、全国たくさんあると思います。たくさん見積もりとって、予算や日程など気になるところを吟味して契約したら、後々後悔することなく処分できると思います。